ラウンドテーブルセッション 企画公募のご案内

 ラウンドテーブルセッションとは、お互いが平等で自由闊達に忌憚ない意見を交換することを特徴とするセッションで、薬剤学・製剤学に関する直面している問題や新しい研究課題をテーマに、当該分野の専門家のみならず関心を持つ研究者が一堂に参集し、ディスカッションを通じて問題解決のための方策や新しいサイエンスの研究戦略を見出すことを目的としています。

 本年会では、参加者の皆様のご要望を受け、ラウンドテーブルディスカッションの時間枠を以下のように3日間で6枠確保いたしました。例年通り、できるだけ幅広い分野からの企画を募集したいと思います。本学会に所属されている先生方からの提案を広く歓迎いたします。特にフォーカスグループの委員をされている先生方におかれましては、是非この機会をフォーカスグループ活動の一環としてご活用いただきたく思っております。
名称 日時 備考
ラウンドテーブルセッション1 5月13日(木)9:30~11:30 会期1日目 第3会場
ラウンドテーブルセッション2 5月13日(木)16:00~18:00 会期1日目 第3会場
ラウンドテーブルセッション3 5月14日(金)9:15~11:15 会期2日目 第2会場
ラウンドテーブルセッション4 5月14日(金)16:30~18:30 会期2日目 第3会場
ラウンドテーブルセッション5 5月15日(土)9:15~11:15 会期3日目 第2会場
ラウンドテーブルセッション6 5月15日(土)13:15~15:15 会期3日目 第2会場
・開催日時は、年会組織委員会と相談の上、選考委員会が決定します。希望日時をご指定されてもご意向には添いかねますので予めご了解ください。
・オーガナイザーは2名とします。
・演者は原則として日本薬剤学会の会員とします。ただし、非会員を演者にする場合には、1名を限度として認めることがあります。
・討論主題は、一般のシンポジウムで対象とするような幅広いものではなく、テーマを絞り、その内容に関して深く掘り下げた討論をおこなってください。参考までに第35年会での討論主題を下記に記します。
「基礎と臨床をつなぐ経口剤開発の最前線」
「経口剤の生物学的同等性に及ぼす食事の影響:BE試験ガイドラインの改正にあたって」
「個別化医療の実現に向けた核酸・遺伝子創薬への挑戦」
「エクソソームを利用したDDS開発の現状、課題と将来展望について考える」
「バイオ医薬の経粘膜吸収促進技術の最前線」 
「薬物相互作用マネジメントのためのトランスレーショナル及びリバーランスレーショナル・リサーチ」
・ラウンドテーブルセッションのセッション時間は2時間とします。演者は基本2名、最大でも3名とし、討論を中心としたプログラムを編成してください。最低でも1時間以上の討論時間を設けるようにしてください。
・応募の段階で演者の承諾をとらなくても結構です。
シンポジウムについて

 第36年会にて実施予定のシンポジウムのタイトルと概要は以下の通りです。ラウンドテーブルセッションは、シンポジウムの内容と重複を避けて、採否を決定したいと考えております。
 各シンポジウムのオーガナイズの先生方および日程は以下の通りです。(順不同、敬称略)

学術シンポジウム1
オーガナイザー: 今井 輝子(第一薬科大学)、本山 敬一(熊本大学)
「薬剤学令和維新:未来の薬剤学へのメッセージ」※疾病の予知・診断に関する講演を予定
学術シンポジウム2
オーガナイザー: 河原 昌美(愛知学院大学)、岩本 卓也(三重大学)
「医療の進歩によって生じた現場とのアンバランスとその対応について考える」
学術シンポジウム3
オーガナイザー: 立川 正憲(徳島大学)、荒川 大(金沢大学)
「Beyond the Brain Barriers: 新技術が拓く脳関門輸送研究と中枢創薬」
学術シンポジウム4
オーガナイザー: 金沢 貴憲(静岡県立大学)、清水 広介(浜松医科大学)
「脂質ナノ粒子製剤の研究・開発を加速する産官学インキュベーション」
学術シンポジウム5
オーガナイザー: 深水 啓朗(明治薬科大学)、岩尾 康範(武田薬品工業)
「Manufacturing Classification System(MCS)入門」
学術シンポジウム6
オーガナイザー: 菊池 正彦(帝國製薬)、小暮 健太朗(徳島大学)
「経皮吸収技術の進化と応用」
特別企画シンポジウム1
オーガナイザー: 福田 誠人(スペラファーマ)、菊地 基哉(大塚製薬工場)、馬場 一彦(大鵬薬品工業)
「イノベーション・パートナーシップで持続可能な医療に貢献する企業研究」
特別企画シンポジウム2
オーガナイザー: 異島 優(徳島大学)、小暮 健太朗(徳島大学)
「徳島発の最先端研究と薬剤学への展開」

レポートに関して

年会終了後、討論内容と結論に関して簡単なレポートを作成していただきます。ご提出いただいたレポートは「薬剤学」に掲載いたします。執筆要領は以下のとおりです。
各ラウンドテーブルで1000文字から1500文字程度
(図、写真(=1枚当たり400文字相当)が入る場合はそれを含む)

応募について

応募用紙(企画申請書)に必要事項をご記入の上、第36年会運営準備室(株式会社MONS(担当者:山下恵二)までメール添付にてお申し込みください。
メール送信先 yamashita@mons-sapporo.co.jp

応募締切

2020年9月30日(水)

採否

2020年11月初旬に応募された方に採否の結果をメールにてご案内いたします。

日本薬剤学会第36年会 運営準備室

株式会社 MONS
〒003-0002 札幌市白石区東札幌2条5丁目7-1-203
Tel: 011-824-8805 Fax: 011-826-4556
E-mail: convention@mons-sapporo.co.jp
(営業時間: 月〜金 9:00〜18:00 土日・祝祭日は休業)