学生主催シンポジウム SNPEE2021

Broaden your horizons
~がん克服に向けた薬剤学の多面的アプローチ~
5月14日(金)15:00-17:00 
Zoom Room Bにてライブ配信
実行委員長
高田 春風(徳島大学)
 例年、薬剤学に関わる学生の研究室・大学間の垣根を超えた活発な交流を推進することを趣旨として、学生主催シンポジウム“SNPEE (Student Network for Pharmaceutics Education and Evolution)”を開催しております。
 本会で企画するSNPEE2021は“Broaden your horizons ~がん克服に向けた薬剤学の多面的アプローチ~”をメインテーマとしており、「がん治療」に対する様々な薬剤学的アプローチを学び、学生自身の研究テーマに固執することなく視野を広げる機会を提供することを目的に開催いたします。学生ならではの斬新な発想でもって「がん治療」を実現する様々なアプローチや将来展望について講演していただきます。今後の薬剤学の発展を担う若手研究者の方々のご参加を心よりお待ちしております。
効果的な細胞免疫療法の開発に向けたB細胞への新規抗原刺激法の有用性評価
川口 桂乃(徳島大学大学院 医歯薬学研究部 薬物動態制御学分野)
ビタミンE足場型新規材料を用いたmRNAがんワクチンの開発とその機能解析
大山 遼太朗(千葉大学大学院 薬学研究院)
エクソソーム随伴型薬物送達システムの開発とがん治療への応用展開
大山 将大(長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科(薬学系))
温度に応答して標的分子を吸着・放出するナノゲル粒子の開発とがん治療応用
安野 豪(静岡県立大学院 薬食生命科学総合学府)
抗がん薬による手足症候群の発症機序解明を目指したin vivo / in vitro毒性モデル作製とトキシコキネティクス評価
Aya Alshammari(金沢大学 医薬保健学総合研究科保健学専攻 分子薬物治療学研究室)
RNA splicingの時刻変動によるP糖タンパク質の発現リズム制御
小俣 裕司(九州大学大学院 薬学研究院 薬剤学分野)