Special Symposium
特別企画シンポジウム
特別企画シンポジウム1
5月16日(火)9:30-11:30第1会場
CMC研究におけるデータ・デジタル技術の活用とDX推進の現在・未来
オーガナイザー
辛島 正俊武田薬品工業株式会社
小櫃 和義アステラス製薬株式会社
近年、製薬・ヘルスケア分野においては、コロナ禍の影響もありデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速する動きがみられ、その事例としてAI創薬、遠隔診療・リモート治験、デジタルセラピー等が多く報告されている。一方で、製剤開発やプロセス開発を担うCMC分野に特化した事例紹介や業界全体での議論はまだ十分には進んでいない状況である。本シンポジウムでは、製薬企業のCMC分野においてDXに取り組まれている先生方にご登壇いただき、企業での取組みやDXの先にある将来像に焦点を当てて、議論を行う。
予定講演者
森下 敏治アステラス製薬株式会社
佐野 秀祐エーザイ株式会社
田邉 修一第一三共株式会社
寺邊 正大中外製薬株式会社
岸田 宗己田辺三菱製薬株式会社
特別企画シンポジウム2
5月17日(水)9:15-11:15第1会場
製剤開発の未来予想図 ~明日の医療への貢献~
オーガナイザー
杉本 昌陽田辺三菱製薬株式会社
山本 浩充愛知学院大学
近年、医薬分野の環境は目まぐるしい変化を見せている。医療面ではデジタル技術を活用した診断・治療方法の変化や個別化医療の拡大。製薬面ではモダリティの変化や医薬品のカタチの変化。さらには、人々の健康寿命への関心から未病意識の高まりなど。現在、これらの変化に対し多方面での取り組みが進められている。当シンポジウムでは各分野のオーソリティによりそれぞれの視点での近未来の医療についてご講演頂き、近未来における人々の健康増進や医療における課題を抽出し、その課題に対して製剤開発によっていかに貢献出来得るかを考える機会とする。
予定講演者
江崎 禎英社会政策課題研究所
荻野 哲也田辺三菱製薬株式会社
森 和明株式会社ユヤマ
狭間 研至一般社団法人日本在宅薬学会
年会事務局

名城大学薬学部薬物動態制御学研究室内
〒468-8503 名古屋市天白区八事山150
E-mail:apstjnagoya@ccml.meijo-u.ac.jp
運営準備室

株式会社MONS
〒003-0002 札幌市白石区東札幌2-5-7-1-203
Tel: 011-824-8805 Fax: 011-826-4556
E-mail:convention@mons-sapporo.co.jp
(営業時間: 月-金 9-18:00 土日・祝祭日は休業)

© 2023 The Academy of Pharmaceutical Science and Technology, Japan, All Rights Reserved.
counter